十勝2×4協会

十勝2×4協会ブログ

2012年09月12日

国交省概算要求 ゼロエネ住宅補助予算を2倍超に

住宅関連の来年度予算の最重要項目のひとつめは、建物の耐震化の促進。災害時の避難路沿道建築物の耐震化支援を強化するとともに、住宅の耐震改修補助制度についても強化する。現行補助制度の1戸あたり補助額上限80万円を、30万円引き上げ110万円/戸とする方針。南海トラフ巨大地震の被害想定の公表などで国民の関心が高まっていることから、耐震改修の意欲を後押しするのが狙い。

 若年低所得者向けの住宅取得の支援としては、住宅金融支援機構の優良住宅取得支援制度「フラット35S」の仕組みを使う。融資額のうち2000万円分までは金利引き下げ幅を通常の0.3%から0.5%に拡充。融資額が少ないほど優遇率が高くなるため、低所得者が恩恵を受けやすい。

 中古住宅流通やリフォーム市場の活性化に向けては、生活者への情報提供における先導的な取り組みなどを支援する。通常の取引よりも詳細な情報を提供する事業者などを支援する。既存住宅向け瑕疵保険の普及も進めていく方針だが、住宅履歴情報の整備を組み合わせたリフォーム補助事業は今年度まで。その代わりに、「フラット35」や補助事業などの要件として、瑕疵担保責任保険を活用するなど制度の見直しを進めていくことで、普及を図る。(新建ハウジングより)

| コメント(0) | トラックバック(0)

2012年09月12日

三井ホームでも大臣認定不適合施工が判明

 国土交通省は9月4日、三井ホームが施工中の木造準耐火建築物で建築基準法違反が見つかったと発表した。大臣認定の仕様と異なる仕様で施工されていたもの。同社によると、41都道府県で2942件の物件に同様の疑いがあるという。

 不適合施工の内容は、石こうボードを止めつけるねじが認定仕様とは異なっていたというもの。同様の疑いのある物件の所在地を都道府県別でみると、東京都が最も多く1674件、ついで神奈川県の529件、大阪府120件が続く。国交省は関係する自治体に情報を提供し、調査を依頼した。違反が見つかれば、是正措置を講じるよう指示する。

 ツーバイフォー工法では、住友林業(8月24日公表)でも不適合施工が判明していることから、国交省は2社が所属する日本ツーバイフォー建築協会に対し、他の会員からも報告を求めるよう要請した(新建ハウジングより)

| コメント(0) | トラックバック(0)

このページの先頭へ